※当ブログには、アフィリエイトを利用した記事があります

【ガス代】2024年3月【1,570円】

〇ガス代
〇ガス代

集計期間は
2/22~3/21の29日間。

2,000円以下なので問題なし。

使用量は先月+1m3

メーターが
小数点以下を読まない関係で
先月より増えてるけど、
実際の使用量は
たぶん増えてないはず。

以下詳細。

スポンサーリンク

ガス単価:218.4円 (先月比 +4.28円)

2022年1月からの
ガス単価推移はこんな感じ↓。

今月ガス単価先月比1年前同月比2年前同月比
222.7+4.28-23.9-2.08
単位:円/m3

今月の
ガス単価は222.7円/m3で、

  • 先月比   :4.28円/m3
  • 2023年同月比:23.9円/m3
  • 2022年同月比:2.08円/m3

だった。

じわじわ増えてきた。

でも
去年一昨年よりは安いのか。

国の補助は5月使用分まで継続

電気ガス代の補助は
2024年5月使用分まで適用されて、
4月使用分までは15円/m3
5月使用分は7.5円/m3
になるらしい↓。

期間電気補助額都市ガス補助額
2024年4月使用分まで3.5円/kWh15円/m3
2024年5月使用分1.8円/kWh7.5円/m3
出典:https://miraiz.chuden.co.jp/gekihenkanwa/

あと3か月。

使用量:3m3 (先月比 +1m3、昨年比 ±0m3)

2022年1月からの
使用量推移はこんな感じ↓。

今月ガス使用量先月比1年前同月比2年前同月比
3+1±0-3
単位:m3

今月の使用量は3m3で、

  • 先月比   :1m3
  • 2023年同月比:±0m3
  • 2022年同月比:3m3

だった。

去年と同じ水準。

一昨年より少ないのは
節水シャワーヘッドの効果
と言っていいと思う。

もう
シャワーヘッド代は
充分ペイできてるはず。

買って良かった。

請求額:1,570円 (先月比 +232円)

2022年1月からの
請求額推移はこんな感じ↓。

今月ガス代先月比1年前同月比2年前同月比
1,570+232-71-680
単位:円

今月の請求額は1,570円で、

  • 先月比   :232円増
  • 2023年同月比:71円減
  • 2022年同月比:680円減

だった。

先月とは
単価が変わってないから、
単純に
使用量差×単価分の差。

ガスは基本的に
使用量が少ないから
電気代と比べて
使用量と請求額の
ばらつきが少ない↓。
補助金の恩恵も少ない

2023年の1月が
例外的に使用量と請求額に
バラツキがある
(左右のグラフの形が違う)んだけど、
これはその時が
単価のピークだったから。

ガス会社、乗り換えられなくて残念

過去1年間の使用量、
請求額および内訳はこんな感じで↓、

基本料の割合が高すぎるから
ガス会社も電気会社と同様に
乗り換えたら

今より安くなるんじゃね?

と思って

エネチェンジを使って
調べてみたんだけど、

残念ながら
エネチェンジには
比較対象になる会社の登録がないため
乗り換えの検討ができなかった↓。

調べてみたら
ボクの住所の都市ガス契約は
実質今契約している一社しか
対応してない
っぽい。

そんなことってあるの?

ちょっとびっくり。

(都市)ガスは
電気程自由化が進んでない
ってことなのかな。

まとめ

  • ガス単価:222.7円(先月比:+4.28円)
  • 使用量と請求額:3m31,570
  • 先月比:+1m3、+232円
  • 国の補助は2023年5月までで、
    4月まで15円/m35月は7.5円/m3

過去の傾向的に
来月の使用量は2m3のはず。

それでは~

ガス会社乗り換え検討は
国内最大級の電力比較サイトエネチェンジ

コメント

タイトルとURLをコピーしました