※当ブログには、アフィリエイトを利用した記事があります

【天野喜孝】ファンタジーアート展に行ってきた【他にもたくさん】

〇お出かけ
〇お出かけ

先月、ほとんどアクティブではない
Facebookにログインしたところ、
天野喜孝氏の展示&販売会
広告が流れてきました。

場所が最寄り駅付近で、なんと入場無料!

これは行くしかないということで、
早速予約し、今月の頭に行ってきました。

主催のHPはこちら

スポンサーリンク

天野喜孝氏が目当てだったが、他にもたくさん展示があった

展示&販売会とあるとおり、
物販もありましたが
それよりも絵自体を売るための
イベント
のようでした。

HPを見るとわかりますが、
日本全国に絵を売って回っている感じです。

天野喜孝氏の絵を見るのが目的
だったのですが、
会場には他にもいろんな画家さんの
展示が開催されていました。

開催されていた展示は
こんなかんじ↓。

アールビバン展示会
  • ファンタジーアート展(天野喜孝、天野弓彦)
  • 美樹本晴彦展
  • mocha展-星しるべ-
アールジュネス展示会
  • てぃんくる展~百花繚乱~
  • カントク 新作版画展
  • TwinBox画集発売記念展
  • ももこ新作版画展
  • 珈琲貴族新作版画展
  • 梱枝りこ新作版画展

どういう基準で展示会が
2つに分かれているのか分かりませんが、
システムは実質同じようなものでした。

アールジュネスのほうが
かわいい系(萌え系)なのかな?

よくわかりません。

いくつかの展示は予約をすれば
特典がもらえるとのことだったので、
天野喜孝氏以外も
会場前でいくつか予約して入場しました。

会場は「集客する気あるの?」って感じだった

「絵を見る」というイベントとして、
過去にPEANUTS展ONE PIECE展
羽海野チカ展(いずれも有料)に
行ったことがあるのですが、
それらとは異なり
会場は自己主張が弱く、
内装は仮設展示とレベル
でした。

最初は「こんなんでいいの?」
と思いましたが、
ビジネスモデルを考えると当然ですね。

絵の売り上げが主目的である以上、
誰でもいいから会場に
来させればいいわけでなく、
購入見込みの高い客だけに広告を出し、
絵の成約率を上げることが第一ですからね。

ボクのFacebookに
広告が流れてきたのは、
Facebook上でのボクはまだ
会社員だっただから
でしょう。

(主催者さん、
想定外の客になってしまって
なんかすみません。。。)

会場の雰囲気はひっそりとしていて、
人はまばらでした。

通路的な展示スペースはわずかで、
主に大部屋の壁に絵が展示されており、
中央に商談スペースとして
机と絵画スタンドが
いくつか設置されています。

ボクは幸い販売員さんから
話しかけられることもなく(後述)
じっくりと鑑賞することができました。

「画像」と「絵画」は違うんだな~って

肝心の絵の感想ですが、
すごかったです(小並感)。

うまく言えませんが、
やっぱり絵は”モノ”であって
”画像データ”とは違う
んだな、と感じました。

水彩画の場合は絵の具の透け具合だったり、
油絵?の場合は絵の具の盛り具合だったり、
質感(特に漆が綺麗でした)
だったり。

一部はデジタルで書かれたもの
のようでしたが、それでも
印刷技術(1万色以上の版画らしいです)
により、”モノ”としてすごいと
感じさせられました。

書かれる対象が何であれ、
あるレベルまで行くと
「芸術」に昇華するんだな~
、と。

余談ですが、
この気持ちを義務教育時代に
感じることができていたら、
美術の授業に対する考えが
良い方向に180°変わったと思います。

ただ、それに何十万円も払えるかというと、
ボクはまだそのステージには立てていません。

そもそも、ボクの部屋は
絵にふさわしくないですしね。

買う気がなかったのでうろ覚えですが、
最安の絵でも2桁万円はしていたと思います。

お約束?として、
「これただの落書きじゃん」
っていう絵にも値段がついていて、
画家のブランド力って凄いんだな、
と思いました。

ちなみに、
今回ボクが一番かっこいいと思った絵は
天野喜孝氏の「陰陽師」です。

これだけはタイトルを覚えていました。

入場時にスクリーニングしてくれたおかげ?で、声かけはなかった

入場時、受付で

  • 予約番号の確認
  • 特典の受け取り

とは別にアンケートとして

  • 氏名
  • 年代
  • 出身県
  • 電話番号(コロナ時の対応のため)
  • 職業

を書かされました。

その後、
緑色のカードがついた
ネックストラップを受け取り、

それを首にかけて鑑賞する
という流れでした。

カードの色は赤、青、緑のいずれかで、
おそらくこの色が
見込み客レベルを示していた
のでしょう。

ボクは正直に「学生・無職」に○を付けました。

売る側からしたら
一番買ってくれる可能性の少ない職業です。

その目印が”緑色”なのだと思います。

そのおかげか、会場はガラガラで
フリーの販売員さんがいるにもかかわらず、
セールストークに引っかかることは
ありませんでした。

展示・販売会ということだったので
セールストークで鑑賞を邪魔されることは
覚悟していたのですが、
いい意味で拍子抜けでした。

もしアンケートで
「30代会社員」としていたら
違う色のカードを渡され、
ぐいぐいとセールストーク攻勢に
あっていたのではないかと想像します。

30代なんてSFCのFF世代ど真ん中ですし、
社会人10年目付近なので数十万円くらい
出せそう
ですし。

だからこそFacebookに
広告が来たんだろうな、と思います。
(ボクもう無職だけど、、、)

なので、
集中して鑑賞したい場合、
話しかけられる確率を下げる方法として
アンケートに「学生・無職」と回答する
ことは有効なのではないでしょうか?

なお、
サンプル数は2回なので
信ぴょう性はお察しです。
(意訳:知らんけど)

おまけ:もらったもの一覧

会場で貰ったものの一覧を
記録のために残しておきます↓。

  • マウスパッド(予約特典):天野喜孝
  • クリアファイル(予約特典):美樹本晴彦
  • クリアポスター(予約特典):mocha
  • クリアポスター(予約特典):カントク
  • ポストカード:美樹本晴彦
  • ポストカード?(裏面は広告):天野喜孝
  • ポストカード?(裏面は広告):mocha
  • ポストカード?(裏面は広告):カントク
マウスパッド(予約特典):天野喜孝
クリアファイル(予約特典):美樹本晴彦
クリアポスター(予約特典):mocha
クリアポスター(予約特典):カントク
ポストカード:美樹本晴彦
ポストカード?(裏面は広告):天野喜孝
ポストカード?(裏面は広告):mocha
ポストカード?(裏面は広告):カントク

まとめ

  • 無料でプロの絵画を鑑賞できた
  • 素人ながら、感じるものがあった
  • 無職のおかげで?、セールストークに引っかからなかった

芸術鑑賞、いいものですね。

今後別の画家さんの展示会が来たら
また鑑賞しに行けるように、
主催のHPをブクマしておこうと思います。

それでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました