※当ブログには、アフィリエイトを利用した記事があります

自転車保険を更新しました

〇その他(出費)
〇その他(出費)

退職を見越して(=通勤のことを考えずに)

今の部屋に引っ越したのが

2021年のゴールデンウィーク。

でもまさかの退職拒否を会社から食らってしまい、

  • 家から駅まで徒歩45分
  • バスだと15分だけど始発に乗っても始業時間に間に合わない

そんな環境でしばらく通勤するハメに...

ということで、まず購入したのが

駅までの通勤用自転車でした。

もうじき購入して1年になるのですが

先日、「自転車保険の更新のお知らせ」

なるものが届いていました。

どうやらボクは自転車購入時に

サービスで無料の保険に入っていたらしいです。

無料とはいえ

自分の入っている保険を把握していないなんて、

節約生活的に落第点ですね。

ということで、

今日は自転車保険の更新をするかしないか

についてです。

スポンサーリンク

自転車保険?入んなきゃダメ? → ダメです(ボクの県の場合は義務)

自転車はクルマと違って免許がないため

定期的に講習で加害者になる怖さを

見せつけられることがありません。

また、

ボクの現在の生活で自転車に乗る頻度は

せいぜい週に1回あるかないかなので、

あまり自転車保険の重要性を考えたことがありませんでした。

ところが、ちょっと調べてみると、

自転車事故で

加害者が数千万円の損害賠償を命じられる判決が

実際に何件も出ているらしいです。

そんな背景もあってか国土交通省は

自転車損害賠償責任保険等への加入を促進しているとのこと↓(国交省HPはこちら

出典:国土交通省HP https://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/promotion/img/01.gif

具体的な促進内容は、

各都道府県に対して自転車保険の加入義務付けの要請

だそうです。

...まどろっこしい!

一斉に義務化しちゃえばいいのに。

(あと「努力義務って」なんだよ)

よくわかりませんが

国交省には自転車保険を全国一斉義務化する権力はないんですね。

この表↑によると、

ボクの住んでいる県は義務化されているので

入らないという選択肢はなくなりました。

(義務違反による罰則はないようですが...)

これってお得なの? → お得です(クレカ保険と比較した場合)

案内が来た保険の内容はこんな感じでした↓。

この保険は1,860円/年。一方でクレカ保険は190円/月(=2,280円/年)。どちらも個人賠償責任補償は1億円。はい。

自転車保険に入る際

ボクが考慮するのは

  • 自分では支払えない何かが起きたとき、それを保険会社が払ってくれること
  • 保険料が安いこと

の2点です。

↑の案内にある「入院一時金」とかはどうでもいいです。

なぜならそのくらいは自腹を切っても

人生が壊れるほどの出費ではないから。

つまり、案内が来たこの保険では

1,860円/年1億円まで出してくれる

ということ。

一方で

「自転車保険 お得」でググった結果によると、

お得な自転車保険はクレカの保険で、

190円/月(2,280円/年1億円まで出してくれるようです。

はい。

案内が来た保険のほうが

ボクにとって420円/年お得なことがわかりました。

義務(罰則なし)だけど、更新するの? → します。妥当と判断しました

上で「義務だから入らなきゃダメ」と書きましたが、

同時に「義務違反でも罰則はない」とも書きました。

なので

「罰則内なら保険を更新しなくてもよくね?」

と考えるのは自然な流れだと思います。

ボクもそう考えました。

ただ、今回の自転車保険の場合、

義務や罰則うんぬんは置いておいて

単純に

「自分が自転車事故の加害者になる確率」と

「損害賠償金を自腹で払った場合の人生への影響度」

を考慮して、更新することにしました。

極低確率で起こる最悪な金銭的被害を

1,860円/年で回避することは有意義だと判断したわけです。

他の交通事故系の保険には入っていないので

2重加入ということもないですし。

もしボクが

  • 自転車を持っていなかったり(加害者になる確率ゼロ)
  • 資産が1兆円あったり(金銭的被害軽微)

していれば、

例え義務でも更新はしなかったと思います。

(いやまてよ、1兆円あるなら1,860円/年なんて

尚更はした金だから更新してるかも...)

余談ですが、

ボクが会社を辞めた理由を保険に例えると、

「保障が薄く、保険料が高い保険に入り続けていたことに気がついたから」

です。

「保障→給料」「保険料→拘束時間」ですね。

最初の5年は貯蓄の確保という意味で有意義ではあったのですが、

それ以降は割に合わない給料のために

貴重な時間、脳内リソース、そしれ精神的負荷を犠牲にしてしまっていました。

ほんと、退職して良かったです

まとめ

自転車保険を更新しました。

  • 自転車保険更新の案内が来ました
  • わが県は、自転車保険の加入は「義務」でした(違反時罰則なし)
  • 案内が来た保険は、どうやらお得(同等の内容で低保険料)なようでした
  • 義務違反しても罰則はないものの、自転車事故の性質上、更新が妥当と判断しました
  • 自転車保険契約を更新しました
  • この先1年間、更新したことを忘れないようにしましょう(戒め)!

この記事を書いたことで

更新したという記憶の定着度合いが増すことを祈りましょう。

そしてなにより、

安全運転で事故の無いことを祈りましょう。

それでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました